スマホゲームをやめると人生変わる件。危険性とそのやめ方。

スマホゲームに注意 たわごと

 

 

どうもどどすけです!

 

 

スマホゲーム

 

 

皆さんやったことあるでしょうか。

電車に乗って周りを見渡すと、ほんとに多くの人がゲームやってますよね。

 

 

僕はその昔、割とがっつり無課金でやっていた側の人間です。

 

そして、たっぷり時間を使いました。

振り返ると恐ろしいですよね。

 

今日の記事は自分の経験から思ったこと、上手くやめるコツを綴っていきます。

 

スポンサーリンク

ぼくのスマホゲーム遍歴

 

●パズドラ

スマホゲーム火付け役ですよね。

説明不要かもしれませんが、ガンホーが開発したパズルRPGです。

 

このゲームは学生時代にがっつりやりました。

サービス開始から始めて、確かランク450か550くらいまでやってたはず。

 

●パワプロ

コナミが出した野球選手育成ゲームで、

元々プレステやゲームボーイでも沢山シリーズがある作品です。

 

これは割と最近までやってました笑

パズドラほどはやってませんが、

元々パワプロ好きだったので結構な数の選手を作りました。

 

 

その他にもほんの少しで飽きてやめましたが、

・ツムツム

・シャドウバース

・白猫

なんかにも手を一瞬出しました笑

 

 

スポンサーリンク

スマホゲームの何が危険なのか?

 

スマホゲームはAKBの握手会システム並みに非常に巧妙にできている、と感じます。

 

そのうちの一つが皆さんご存知の

課金システムです。

 

パズドラがまさにこのシステムを確立した草分け的な存在。

魔法石というゲーム内の通貨みたいなものや、

ガチャというシステムを導入し、各ゲーム会社を震撼させました。

 

ガチャというのは魔法石を消費して、めちゃ強いキャラが手に入るかもしれないスロットを回すシステムのことですが、

これがまた巧妙なんです。

 

この魔法石を稼ぐには、

・リアルマネーを投入する

・イベントをコツコツ時間かけてクリアしていく

の2つの方法しかありません。

 

上の方法はリアルマネーがガンガン減っていくという異常事態に陥っていくので論外ですね(笑)

 

でもコツコツ時間をかける方法を取った場合が意外と怖い。

 

時間をかける、つまり無課金でやると

相当な時間を吸い取られていく割にはいい結果が得られないように作られているんです。

 

非常に製作者側が優位になっているシステムなんですよね。本当に上手いことできたコンテンツです。

 

スポンサーリンク

おススメのやめ方

スマホゲーム中毒から脱出しよう

そんなスマホゲームも卒業かな…

と思ってこの記事を読んだあなた。

 

今日から早速解放されましょう!

やり方は非常にシンプルです。

 

まずは

 

アンインストールしちゃいましょう!!

 

 

…意外と難しいんじゃないですか?

 

もったいなくて自分でできない!っていう人がきっといます。

はい、昔の僕です。

 

そんな人は友達とか家族に消してもらいましょう。

 

そしてアンインストールすると何が起こるか。

無意識のうちに習慣化されていたスマホゲームの時間がなくなるので、

最初はソワソワします。

 

本当に悲しいことですが、ぼくも最初は隙間時間がたくさんできて、埋め方がわからなくなりました。

 

そこで、すぐさま何か新しいことにチャレンジしましょう!

おすすめはブログです!

 

ブログは初期費用も少なく、PCとスマホの両方から執筆できるので、

隙間時間を埋めるのに最適です。

 

さらにブログの世界はスマホゲームの世界に比べて、

・世界が広い

・非常に自由度が高い

・人との交流が多く、ふつうに勉強になる

・上手くやれば使った時間がお金に変わる

というお得なゲームですよ!?

スマホゲームの比じゃないやりがいがあります。

 

もう既にブログを開設している人は、

より時間をかけれるようになりますので、今までやったことない技・ツールに挑戦してみてください。

 

もちろん他のことを始めるでも構いません。

空いた時間を有効活用しましょう(^^)

 

スポンサーリンク

まとめ

・スマホゲームは無課金でも非常に危険。

時間対効果が悪すぎるし、製作者側にかなり優位があるシステム。

 

・やめるためにはとにかくまずアンインストール!

ためらいがあるなら他人にやってもらおう。

 

・時間が空くので、すぐ新しいことを始めよう!オススメはブログを始めること。

 

 

本日はここまでになります。

ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました