数字で見るサザエさん現象!計算したら驚きの人数に(笑)

休日 仕事

 

どうも!どどすけ(@dodo_blo)です!

 

いよいよ休みの日、連休も終わり!

多くの社会人がうめいている一日だと思います。

あっしももちろんその一人です(^^)/

 

そんな休日最終日の憂うつのことを、日曜日の国民的アニメの放送時間とからめて

 

サザエさん現象

 

と言うことがあるのはご存知のとおりかと思います。

 

本日はそんな社会人あるあるの一つ「サザエさん現象」について深掘りして、

 

どど

果たしてどれくらいの人が味わってるんだろう?

 

という疑問を数字でまとめてみました。

 

スポンサーリンク

サザエさん現象にかかった人の人数は?

 

まず2017年に総務省統計局の出したデータより。

 

①15歳以上~64歳未満までの人口の推移

1億1066万人(2007年)→1億1108万人(2017年)

働く世代の人数はここ10年間で+42万人です。母数はあまり増えてないですね。

 

②雇用者(サラリーマン)数

5537万人(2007年)→5819万人(2017年)

自営業を除く方が5800万人ほどいるそうです。

①のうち50%以上がサラリーマンということが読み取れます。

意外だな、と思ったのが働く世代の人口増加割合に比べてサラリーマン増加の割合が多いことですね。

フリーランス活動など、メディアやSNSでは新しい働き方が注目されているように思いますが、数字で見るとまだまだ社会人層が多いことが分かります。

 

③サザエさん現象を味わっている人

約42.8%がサザエさん現象を経験(ビジネスパーソン451人が対象)

 

 

オウチーノ総研(株式会社オウチーノ/本社:東京都港区)という企業が「ブルーマンデー」に関するアンケートを2014年に行ったときの結果を抜粋しています。

※ブルーマンデーはサザエさん現象と同義

 

このアンケートで「いつもなる」「なることが多い」と答えた方をサザエさん現象の経験者としてカウントします。

このサザエさん現象の経験者を本記事の中では省略して”サザエさん”と呼ぶことにします。

 

 

計算結果

①,②,③の結果を照らし合わせると

なんと2490万人が”サザエさん”という結果に。

 

つまり、

・働く世代の人のうち4~5人に1人は”サザエさん”

 

・オフィス街で石を蹴ったら”サザエさん”に当たる

 

・コンビニで会ったおっさんは大抵”サザエさん”

であることが分かりました。

 

ちなみにぼくは理系大学院卒ということもあって、理系職の人間と飲みに行くことも多いです。

こういった職業の人間は8割9割方”サザエさん”です。

 

こう考えると、世の中本当に多くの人がこの現象を経験していて、

異常・特殊な悩みではなく、沢山の人が経験してきた道だと分かります。

 

そしてあまり嫌だ嫌だと考えすぎると、

サザエさん現象からうつ病を発症することもあります(><)

そうなる前に外に出て、周りの人を見て心の中で

あの人もきっと”サザエさん”!と思って仲間を作りましょう!(笑)

 

この記事の数字を見て、あなたの気が少しでも楽になったら幸いです!

 

最も、これだけ多くの人が憂うつを抱えながら働いている日本の働きかたは

問題かもしれないですけどね(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

サザエさん現象にかかっている日本人は2490万人ほど!

深く悩まず明日からまた頑張っていきましょう!

 

本日はここまでになります!

ありがとうございました!

 

この記事が役に立った方はリツイートをお願いします^^

その他有益な情報をTwitterで更新しています↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました