プロテインという神の粉。健康にも美容にも最高!おすすめ!

筋トレ・ダイエット




◎こんな方に読んでもらいたい
プロテイン飲んでない
プロテイン=マッチョの好きなやつと思っている人
プロテイン飲むと太ると思っている人

健康になりたい!

美人になりたい!

と思っているそこのあなた!
プロテインちゃんと飲んでますか!?

 

プロテインってマッチョが大好きなアレでしょ…?

と思っている人も結構多いと思いますが、その認識はもう古いです。

 

本当はただのマッチョの好物では無く、

カラダをそこまで鍛えない人にもおすすめできる、非常に栄養価の高い“食品”なんです。

 

今回は導入編として、初心者向けにプロテインについての正しい知識をまとめていきます。




スポンサーリンク

プロテインは最強の健康”食品”である

ラストエリクサー。体力回復のチートアイテム。

プロテインは現代におけるチートアイテムです。

FFでいったらエリクサー、ポケモンでいったら回復のくすりみたいなものだと僕は思っています(笑)

まずは正しく認識するところから始めましょう。

プロテインは飲み物ではない

まず初めに大切なことなのですが

見出しの通りプロテインは”食品”だと考えましょう!

サラダや肉と同じように考えるべきです。

何のことやら?と思われそうですが、この捉え方で考えると世の中に出回ってる

ウソ情報に惑わされにくくなります。

プロテインは太る!?

A big and juicy cheeseburger

 

「運動しない人がプロテイン飲むと太る」

これもよく目にする情報です。ネットでも書かれている記事があるので

「あ、そうなんだー」と思っている方も結構いると思います。

 

でも、これについてもプロテインを”食品”だと思ってると正しく理解できると思いますよ。

結局プロテインについても肉や魚、ごはんと同じようにあくまで他の食事とのバランスが全て。

 

カロリー自体はホエイプロテイン1杯分(20g)で約80kcal。

3杯でお茶碗一杯のごはんと同じカロリーです。

 

おまけに炭水化物・糖質ではなくたんぱく質がたっぷりと取れる食品。

 

ですのでプロテインって太るの!?という質問に対しては、

 

お茶とかポカリ感覚で何も考えずにガンガン飲んだらそりゃ太ります。

「一日の食事のバランスを考えて一部をプロテインで補う」

が大大大原則になります。

 

これが正しい回答です。

 

「プロテインで栄養を補う」ということを意識していればむしろダイエットにつながる食品なんです。

 

スポンサーリンク

プロテインは健康にもよい

健康によい

たんぱく質は合成できない

プロテイン(protein)は日本語訳するとたんぱく質です。

3大栄養素とよばれる栄養素の一つですね。

残りの二つは炭水化物と脂質です。

この時、注目してほしいのがそれぞれの構成元素です。

は?と思わずに下の枠を見てください。

 

・炭水化物:CーH-O(炭素、水素、酸素から出来ている)

・脂質:CーH-O(炭素、水素、酸素から出来ている)

・たんぱく質:CーH-OーN(炭素、水素、酸素、窒素から出来ている)

 

このことから、炭水化物や脂質とは異なる構造を持ったたんぱく質は、

不足しても補えない栄養素だということが分かります。

つまり積極的に自分で取りにいかないといけません。

 

摂取量の目安は目的や体重によって変化するのですが

標準体型の人なら男性で1日65g以上、

女性なら1日50g以上を狙うとよいです。

 

肉体面、精神面に影響する

たんぱく質が不足すると、

 

筋肉が落ちるし痩せない

体力が落ちる

集中力が低下する、うつになりやすくなる

・見た目の元気がなくなる

 

といった現象が見られてきます。

中でも

・集中力が低下する、うつになりやすくなる

というメンタル面にも影響を及ぼすのが要注意なところ。

これは神経伝達物質(セロトニンやドーパミン)がたんぱく質の最小単位であるアミノ酸から出来ているから。

 

よくボクサーが測定前に体重を落としてますが、

本当にぐったりしてますよね。

「精神的に一番きつい時期」とも言われる所以は栄養不足からくるメンタルへの影響も一部あるかもしれません。

 

スポンサーリンク

プロテインは美容にもよい

美容を意識

 

たんぱく質は筋肉を増やすだけではありません!

 

内臓や皮膚、髪の毛、爪、ホルモンやへモグロビンもたんぱく質を含んでいます。

 

最近はやっていて、よく女性がやっているのが、

○○抜きダイエット

というやつですね。

 

確かにカロリーを減らすのも重要なのですが。

 

基本的に体重減少のことにだけコミットしていて、たんぱく質のケアまで書かれたダイエット理論ってあまり見たことがありません。

 

大体減量しようとすると、たんぱく質が大きく不足する傾向にあるので、

痩せたけど髪の毛のツヤが・・・とか爪の調子が・・・

ということに陥ります。

 

そんな時は?

そうだね、プロテインだね!!(古い)

 

 

ご飯1/3杯のカロリーでたんぱく質を15gほど摂ることが出来ます。

健康維持のレベルであれば、一日の摂取量目安は体重1kgあたり1g。

50kgの人なら50gが理想です。

 

おまけに米とかに比べて腹持ちが良い。

さらにさらに糖質や脂質よりもたんぱく質はエネルギーとして消費されやすいので

ダイエットが促進します。

 

スポンサーリンク

さいごに

プロテインを一回も摂らずに健康、美容に手を出していくのは

まさに回復アイテム使わずにrpgクリアみたいな、ハードモードプレイです!

 

本記事ではたんぱく質にフォーカスしましたが、

プロテインはこのたんぱく質をより効率よく吸収できるよう色んな栄養が考えられて含まれています。

本当に栄養価値の高い食品ですのでぜひぜひ生活に取り入れてみてください。

 

 

次の記事で具体的にダイエットを始めよう→

ダイエットは計画が命!続くダイエット計画を立てよう!

ダイエットについてはこちらもおすすめ→

ダイエット中の食べ過ぎを防ぐ!3つのおすすめ防止方法!

ダイエットにおすすめの運動は?痩せるための究極のスポーツ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




コメント

タイトルとURLをコピーしました