「iPhoneを充電したまま使用するとバッテリー寿命が短くなる」説のウソホント。

iPhone小ネタ

 

【こんな方に読んでもらいたい】
iPhoneユーザー
・日中よくスマートフォン使う方

 

iPhone使ってるとだんだん電池のの減りが早くなってしまいますよね。

 

ひどい場合だと朝充電したのに夕方はもうほぼ0%…という人もいるかも知れません。

 

こういったバッテリーの劣化を余計に進めてしまうのが、「充電状態のiPhoneをそのまま充電器にさしたまま、別の操作をする」という説。

 

果たしてこの説は本当なのでしょうか。

iPhoneユーザーの方はぜひ使い方を見直してみてください。

 

※こちらの記事をまだ読まれてない方は合わせてお読みください!

渡辺直美おすすめアプリスリープマイスターの仕組みと使い方。
...
スポンサーリンク

iPhoneは充電しながら使用してはいけません!

 

結論から言って、充電しながらの使用はバッテリーを劣化させる原因になります。

理由は以下の通り。

バッテリーが温度変化に弱い

今日はここだけでも覚えてほしい!というくらい大切なのが、

iPhoneは熱に弱い!ということ。

 

Appleの公式サイトより、

Apple製デバイスは、広い周囲温度範囲で正しく動作するように設計されており、最適な範囲は16°C~22°Cです。バッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるため、35°Cを超える周囲温度にデバイスをさらさないことが特に重要です。

バッテリー – パフォーマンスを最大化する – Apple HP(外部リンク)

と書かれているくらい、iPhoneは熱・温度による影響を受けてしまいます。

というのも、iPhoneの電池にはリチウムイオン電池というバッテリーが使われており、最高許容温度45度という制限があります。

 

ですので、「夏の暑い日に車の中にiPhoneを置きっぱなしにする」もバッテリーを劣化させる要因になります。

夏休みでお出かけする方、要注意ですよ!

充電しながら使うと発熱する

iPhone使ってると本体が熱くなってくる原因はCPUというiPhoneの頭脳にあたる部分が働いているため。

 

充電という行為もバッテリー温度を上げる行為です。

充電+CPUが働くことによる発熱でバッテリーの劣化を速めてしまうんです。

スポンサーリンク

劣化を防ぐためには

 

さらに細かく、劣化を防いで使うためのトピックを紹介していきます。

カバーを外して充電しよう

スマホカバー(ケース)が充電時の熱を閉じ込めてしまう場合がありますので、長時間充電をする際はカバーを外しておくことをお勧めします。

 

こまめに充電するべし

リチウムイオン電池の特性上、電池0%まで使い切ったり、100%になってるのに充電を続けるのも劣化の原因となりますので要注意。

 

就寝時は仕方ないかもしれませんが、日中は出来ればこまめに充電することをおすすめします。

 

ちなみによく、「充電回数が決まっていて、こまめに充電すると電池持ちが悪くなる」という説も出てきますが、こちらはウソです!

フル充電を繰り返した時の充電回数が決まっているだけで、充電できるエネルギーの総量がリチウムイオン電池の容量によって決まっています。

ですので一日にちょこちょこ複数回充電しても、充電している総量が少なければ問題ありません。

持ち運び用バッテリーがあるとなお安心

・最近日中でも電池切れそうになる…

就寝時の優良アプリを使いたい、でもバッテリー劣化させたくない…

・移動中、旅行中にたくさんスマホ使う(Googleマップをカーナビ代わりにしている人など)

・いざ!という時(災害発生時など)の備えを考えている

 

という方はモバイルバッテリーの導入をおすすめします。

 

最近は高速充電が出来て、値段もお手頃、重量も重くないモバイルバッテリーのラインナップがあります。

 

もっとも近年なかなか予想がつかないような災害の多い日本ですから、

全然充電できないコンビニのモバイルバッテリーを慌てて買うくらいなら、1台くらいしっかりしたバッテリーを買っておくべきかなーと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

ポイントまとめ
◎充電しながらのiPhone使用は控えよう。
発熱がバッテリー寿命をどんどん縮めます。
◎小技でさらに寿命を延ばそう。
カバーをつけずに充電
電池切れる前にこまめに充電
モバイルバッテリーを1台持っておく

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました