ダイエットにおすすめの運動は?痩せるための究極のスポーツ。

体重計に乗る男性 ライフワーク
体重計に乗る男性

 

ただ痩せる!だけなら、ほんとに楽勝です。

 

この記事ではダイエット始めたい・・・!という方向けに、
初めの心構えと、痩せる(脂肪を落とす)ためのおすすめの運動について、
そのメリットとデメリットを紹介していきます。

 

スポーツ中・上級者の方も知らずに取り組んでいることがあるかもしれませんので、
是非一度確認してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

あなたにとってのダイエットとは?

でっかいゴリラ

 

特に男性にはありがちなことなんですが、

 

ただ漠然とダイエットしたい!
と燃えて運動したものの、
しばらくしてから思ってた体型と違う…
なんて方が結構います。

 

ですので、ダイエットを始める前に必ずやらなくてはいけない一番大切なことは、

 

”自分の目標・理想と現在のギャップを知る”

 

ことです。

 

後述しますが、
ガリガリに痩せたい!筋肉が減ってもいいから痩せたい!
というのであれば、めちゃくちゃ簡単に痩せます。

 

ただし、筋肉は落としたくない!とか、むしろカラダをごつくしていきたい!
と思うのであれば、しっかりとした計算と計画が必要です。

 

理想の体型に近づけていくためには、コツコツと計画を立てて努力する必要があります。

 

そして、どんな体型を目指したいかによってやるべき運動は変わってきます。

 

あなたが目指すのは

 

俳優のような細身体型ですか?
クリロナになりたいんですか?
ゴリラになりたいんですか?

 

あなたが女の方なら、
モデルみたいな細身を目指してますか?
程よく健康的な身体を目指してますか?

 

まずは自分の目指すべき方向をきちんと定めましょう!

 

(初めのダイエット計画の立て方については、近日中に記事にします!)

 

そして、この記事では細身になる、脂肪を落としていく減量向けのスポーツを紹介していきます。
筋肉を大きくするための記事ではありませんのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

効率よく脂肪を落とすスポーツ!

ランナーの後ろ姿

 

では具体的にどんなことをすると脂肪を落として細身体型になれるのかというと、

 

遅筋を使うスポーツ(有酸素運動)を長時間楽しむこと

 

これに限ります。

 

マラソンや登山、長距離スイム、ロードバイク、エアロビなどがこれにあたります。

 

サッカーやバスケットもダイエットにつながるのですが、速筋も遅筋も両方沢山使うので、今回は外しています。
(非常にからだづくりには適したスポーツです!)

 

初期投資が必要なスポーツも多いですが、マラソンなんかはほんとに安上がりですので、
リーマンのおっちゃんとかにもおすすめですね。
マラソン(ランニング)がきついという方はウォーキングでも十分効果があります。

 

一人で取り組めるものも多く、思い立ったらすぐ始められるのが特徴です。

 

主にこういった有酸素運動は長時間かけてすることが多いので、速筋はほとんど鍛えられず、遅筋が発達していきます。

 

筋肥大が起きるのは速筋なので、有酸素運動で体がごつく大きくなっていくことは少ないです。
もし速筋を鍛えたいのであれば、短時間でエネルギーを出し切る運動に切り替えてやる必要があります。

 

痩せる運動のデメリットとは

マラソンとかウォーキングがダイエットにいいというのは皆さんご存知の通りだと思いますが、
実は栄養面を考えずに取り組むと筋肉をガンガン分解してしまう恐ろしいデメリットがあります。

 

大体ランニングで使うエネルギーは

 

(自分の体重(kg))×(走行距離(km))

 

55kgの女性が4km走ると、55×4=220kcal
を消費することになります。

 

このように運動によって、エネルギーが必要になってくると交感神経が活発になって、
リパーゼと呼ばれる酵素が働き始めます。
そうすると脂肪が分解されてエネルギーを消費する仕組みになっているんです。

 

ただし有酸素運動中に糖が足りなくなってくると、
今度はコルチゾールという物質も働きはじめます。

 

血糖値の安定化作用があるコルチゾールは、糖分以外から分解してエネルギーの源であるグルコースを作ろうとしてきます。

 

この時コルチゾールが分解しようとしてくるのが筋肉なのです。

 

俳優の水嶋ヒロさんは元々有名なサッカーの強豪校で活躍されていたのですが、
モデル業を始める際に、サッカーで鍛えられた足が太すぎたため、
栄養をあまりとらずに沢山走り込んで足を細くした、と言われています。

 

目指す方向性にもよるので一概に悪いとは言えませんが、
筋肉が落ちると基礎代謝量も落ちていきます。

 

○○抜きダイエット!とかに踊らされてリバウンドかましてしまうのは、
基礎代謝が落ちているのに、食生活を元に戻してしまうからです。

 

ダイエット・肉体改造の格言で
食事5割、睡眠3割、運動2割
というくらい、運動と栄養・休息は切っても切れない関係にあります。

 

王道をきちんと守って、完璧なダイエットを実行しましょうね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

・脂肪を落とすなら有酸素運動。(マラソン・登山・遠泳・ロードバイク・エアロビなど)
・やりすぎや、栄養不足はどんどん筋肉の分解を進めるので要注意。

 

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました!
 どどすけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました